ウーマン

ベルトコンベアーの取扱い上の注意点と点検方法

流量計の使用用途

流量計

液体や気体などの流れる量を計るという場合は、流量計を用いて監視することができます。その流量計は様々な種類があり、計るものによって使い分けが必要です。電磁式であれば、液体の量や粘度を計ることができ、高温状態にも対応しております。カルマン渦式は液体や気体、蒸気など様々なものの量を計るのに適しています。しかし、電磁式と違って粘度を計ることができないという特徴があります。それぞれのタイプによってメンテナンス性の良さにも違いがあるため、コスト面で大きく影響してきます。流量計はタイプによって値段はピンきりです。安いものだと約8千円程度で購入することができますが、高いものになってくると10万円以上もするものあります。

流量計を用いることで、秒間の流量を計って物体を冷やすのにかかる量や時間、どれくらいの効果があるのかといった様々な研究ができます。また、それぞれの流量計ごとにメモリの読み方にも違いがあるので、使い方をきちんと理解しておくことが必要です。流量計は電子式のものやアナログ式のものもあるので、どれを使うかによってメンテナンスなどを含めた維持費が変わってきます。また流量計の設置にも費用がかかるので利用する流量計の本体価格や取り付けにかかる費用を含めた費用は販売会社に見積もりをしてもらって確認しましょう。この時、取り付け後にかかるメンテナンスなどの維持費なども確認して、取り付ける流量計を決めるとよいでしょう。