ウーマン

ベルトコンベアーの取扱い上の注意点と点検方法

リサイクルでコスト削減

工事現場

新たに土地を切り開く際に地面を掘り起こしていくと出てくる土は不純物を含むため、それを改善するために土質改良機を用います。土質改良機で土を改善することで利用することの出来なかった販売できるほど改良することができるのです。最近では、土質改良機の自走できるものが増えてきたため、現場での作業効率化を図ることできます。また、土質改良機を導入することによって作業現場で廃棄扱いとなっていた土を再利用し、路体盛土や盛土造成などで幅広く活躍することができるのが魅力です。
土質改善を他社へ依頼するとなった場合、数十万円の料金が必要です。量によっては、100万円以上の高額な費用が発生します。購入するとなった場合には数千万円ほどの費用がかかってしまいます。コストを抑えるのであれば、レンタルをするという方法がよいでしょう。レンタルの料金は問い合わせで相談することができます。

土質改良機で現場の土を改善することで、大幅なコスト削減が見込めます。従来掘り起こした土は、そのままでは使用することができないため廃棄が必要であり、またその廃棄には運搬も必要になってくるので、その2重3重にも発生する手間を失くすことができるのは大きなメリットとなります。土質改良機は、河川工事の現場や粘土質場の土地など様々なシーンで活躍しています。それらの現場のものを採用するというだけで運搬時間の削減もできるため、地面の掘り起こし作業の際には土質改良機のレンタル予約をしておくとよいでしょう。